日々の釣果をリアルタイムにお伝えします。

例会釣果報告

0
    ●日研野田支部 様
    使用桟橋  中桟橋 北向き
    一位     篠原 由男様  30枚 17.40kg
            サオ 18尺 タナ 1.5m 釣り方 両グルテン
            ハリ 上6号 下5号 ハリス 上0.5号 30cm 下0.5号 70cm
            エサ わたグル アルファ21 半々

    二位     稲葉 正巳 様  28枚 16.80kg
            サオ 18尺 タナ 1m 釣り方 両グルテン
            ハリ 上6号 下6号 ハリス 0.5号 60cm 0.5号 70cm
            エサ  新べらグルテン わたグル

    三位     山崎 孝史様  22枚 11.8kg
            サオ 9尺 タナ 1m 釣り方 セット
            ハリ 6号 3号 ハリス 0.4号 6cm 0.3号 40cm
            バラケエサ ダンゴの底釣り夏+新B+パウダーベイトへら 
            クワセ  ウドン

    風太郎のバエンなうその3

    0
       4月12日の状況ですっ。

      暖かい。実に暖かい。

      気温はグングンうなぎ上り。
      軽く20℃オーバー。

      だもんで暖かい、というよりは暑い。

      お昼頃には半袖でも汗ばむほど。

      ついこないだまで寒い寒いといっていたのに、
      いったい何なの? この変わりよう???


      のどかな春のバエンです


      まっ、それはともかく、この暑さで魚は若干上ずり気味。
      水温は計っていないけど、推定13℃。
      西風がそよそよ吹いていましたが、
      西側に陣取れば問題なし。
      てか、ポカポカして最高です。
      まさに春ランマンて感じ。

      バエンのお客様は底釣りファンが多く、
      朝から両ダンゴで底を攻めていましたが、
      「うーん、浅ダナの方がいいかもね」
      とのご感想。

      まあ、釣り方はともかく、
      こんな天気の良い日には、
      バエンでサオを出してみる。

      それって、最高の時間の過ごし方ですね。
      癒されますよ。


      バエンの魚はみんなきれいです


      それはともかく、最近のバエンで評判なのが
      食堂の新メニューの「親子丼」。

      「日本人の心の古里」という素晴らしいキャッチがつけられていますが、
      味も最高です。

      ぜひご賞味を!!

      追伸:権現堂の周囲はいまだに桜見物の人で大渋滞です。普通の時間にそこを通る人は
      ぜひ迂回をお願いします。

      4月8日( 日)例会釣果情報

      0
        スタディクラブ様
        中桟橋北向き
        優勝 石倉様 51枚 31.6K
        竿 11尺 タナ 1m
        上針6号ハリス0.4号7
        下針4号ハリス0.35号501エサ 上針 粒戦50cc+トロスイミー50cc+プログラム200cc+水150cc
        下針 ウドン

        2位 西沢様 50枚 30.8K
        竿 11尺 タナ 1m
        上針5号ハリス0.4号6
        下針3号ハリス0.号50
        エサ 上針バラケ
        下針 ウドン

        3位 楠 様 50枚 30.2K
        竿 10尺 タナ 1m
        上針5号ハリス0.4号8
        下針3号ハリス0.3号50
        エサ 上針バラケ
        下針ウドン

        風太郎のバエンナウ その2

        0
           天気晴朗なれど風強し

          というわけで本日は朝から北西が吹きまして、結構大変でした。

          午後になると一層強く吹いて、釣りづらい一日でした。

          いつもパワーセットで鬼のように釣る大山孝さんもちょっと苦戦。




          朝一は風を避けて南桟橋の南向き45番に入りましたが、2枚・・・orz。

          午後から12番に移動して3時前の時点で14枚と、なんとか恰好をつけた感じ。

          オシャレなカウンターホルダーですね


          驚いたのは朝、大山さんのそばで釣っていた金子元さんは両ダンゴでバクバクだったこと。

          お昼までに軽く20枚を突破していたそうです。

          段底の人も芳しくなかったみたいだし、いよいよ両ダンゴの時合が来たか??

          って感じですね。

          でも、風が吹いても避けられる吉羽園なので、皆さん、それなりに楽しんでもらえたようです。

          最新釣果情報

          0
             4月1日の例会結果です

            ●金子会 様
            使用桟橋  南桟橋 北向き
            一位     金子 正司様  40枚 23.0kg
                    サオ 9尺 タナ メーター 釣り方 セット
                    ハリ 上5号 下3号 ハリス 上0.5号 8cm 下0.5号 35cm
                    バラケエサ 粒戦1 GTS1 軽麩1 セット専1 パワー2 水2
                    クワセ    サナギ玉

            二位     武内 寿 様  26枚 19.0kg
                    サオ 10尺 タナ チョーチン 釣り方 セット
                    ハリ 6号 5号 ハリス 0.5号 8cm 0.4号 40~60cm
                    バラケエサ トロスイミー0.5 粒戦0.5 セット専3 ペレ軽3        
                    クワセ    サナギ玉

            三位     金子 和樹様  21枚 16.6kg
                    サオ 9尺 タナ メーター 釣り方 セット
                    ハリ 7号 2号 ハリス 0.4号 8cm 0.3号 35cm~40cm
                    バラケエサ 鬼武者2 若武者2 ペレ匠ダンゴ1 
                    クワセ    感嘆

            ●トータスクラブ 様
            使用桟橋 中桟橋北向き
            一位     長田 様  46枚 27.3kg
                    サオ 10尺 タナ 2メーター 釣り方 セット
                    ハリス 0.5号 15cm 0.25号 60cm
                    
            二位     保住 様  34枚 20.2kg
                    サオ 14尺 タナ 底 釣り方 両ダンゴ
                    ハリス 0.4号 50cm 0.4号 65cm
                    
            三位     稲原 様  28枚 17.4kg
                    サオ 12尺 タナ 2メーター 釣り方 セット
                    ハリス 0.5号 10cm 0.5号 70cm

            ●友水会 様
            使用桟橋 中桟橋 北向き
            一位     藤嶽 実 様  40枚 25.1kg
                    サオ 10尺 タナ メーター 釣り方 セット
                    ハリス 0.6号 7cm 0.3号 30cm
                    
            二位     前島 正幸 様  39枚 24.9kg
                    サオ 11尺 タナ 1.2m 釣り方 セット
                    ハリ 6号 5号 ハリス 0.5号 8cm 0.4号 40~60cm
                    バラケエサ トロスイミー0.5 粒戦0.5 セット専3 ペレ軽3        
                    クワセ    サナギ玉


                    

            風太郎のバエンナウ その1

            0
               新年度からスタートしたこの企画、吉羽園のヘラブナ最新情報をビシバシUPしていきますのでお楽しみに。
              第一回目は定石どおり釣果情報ってことで4月1日の模様をレポートいたします。

              お話を伺ったのは今をトキメクSMC(セットマスタークラブ)の川上哲さん。あちこちの管理釣り場でブイブイいわしている釣りウマですっ。
              笑顔がサワヤカな川上さん笑顔がサワヤカな川上さん

              それでは早速川上さんの解説をご紹介いたしましょう。

              「本日(4月1日)の朝の水温は9℃。風は当初北東でしたが、後に南東の5メートルが吹くという予報だったので南桟橋の北向きに陣取りました。

              全体的な状況は長ザオの底が良かったようでした。バランス、段底問わず皆さん平均30枚ほど釣られていたようです。

              セットは浅ダナもチョーチンもまあまあの釣れ具合でしたが、キモは軽めのバラケをしっかりとタナに入れることでしたね。

              チョーチンはタナに入れてタテ誘い。クワセが動いている間のリアクションを拾っていく釣りが効果的でした。浅ダナは9から11尺の、こちらも「入れる」釣りが有効。抜いてしまうと上のガサベラが口を使ってしまいます。その下の魚を釣るためには「しっかりと入れること」・・・それがキモでした。いかに軽いバラケを圧で入れるか、それが勝負の分かれ目でした。

              でもまあ、サワヤカな春風に吹かれながらの吉羽園の釣りはサイコーでした。コンディションはかなりいいと思います」

              とまとめてくれました。

              サスガ、SMC! これからもヨロシクっ。 それではまた。SEE YOU!
               


              只今準備中です

              0
                もう暫くお待ち下さい。


                過去の釣果情報
                お問い合わせ
                重要なお知らせ
                閉店のお知らせ
                ウインターキャンペーン
                ポイントカード廃止

                カテゴリー

                ブログ記事

                アーカイブ

                recent comment